2017年3月23日木曜日

菜の花


春らしい日も増えてきましたね^^

土手に菜の花がたくさん咲いていたので型取りしたり、
飾ったりしようと思って摘んできましたが、あっという間に
猫のグー♂にめちゃめちゃにされてしまいました。


菜の花は千葉県の花で、千葉県民には身近な花です。
小学校の時「菜の花体操」という
体操をさせられたのですが今もあるのでしょうか。


あまり猫が生の草花を食べると良くないそうなので
今後はみつからないように気をつけます。



2017年3月15日水曜日

美濃羽まゆみさん新書


友人の美濃羽まゆみさんの子ども服の本が出版されました。

男の子、女の子どちらにも似合う服の
型紙がたくさん掲載されています。


手作りの服は同じ型紙でも布やボタンを変えると
全く違う印象のものが作れていいですね^^

本の中には、使用した布のメーカーの情報も
載っているので参考になると思います。


小さなお子さんがいる方におすすめの1冊です♪



2017年3月10日金曜日

富山市ガラス美術館


3月2日の富山ガラス造形研究所での
後藤洋平特別講義のため富山を訪れました。

レクチャーにお越しくださった方々ありがとうございました。

人前で話すことに慣れていない中、先生方や助手さんに
助けていただき何とか終えることができました。
学生の方も熱心に質問してくださり嬉しかったです^^


昨年オープンした富山市ガラス美術館にも立ち寄りました。
現代ガラスアートを中心とした美術館です。

富山市は、ガラス作家の人材育成やガラス産業に取り組んでいて、
この美術館には、母校である富山ガラス造形研究所の
卒業生の作品も多く収蔵されています。

その他国内外のさまざまなガラス作家の作品が
展示されていて見応えがあります。

建物も美しく、図書館も併設されているなど
とても充実していますので富山を訪れた際には
ぜひ足をお運びください♪


私が富山に住んでいたのは10年ほど前なのですが
北陸新幹線が開通したこともあり、駅前などいろいろと整備され
以前と様変わりしていて驚きました。

食べものもお手頃な価格でとても美味しく
私もまた富山を訪れたいと思いました。


後藤洋平の作品が展示されている
ガラス美術館での企画展は26日までです。

引き続きよろしくお願いいたします。


「うごき」と「へんか」の視点
2017年2月18日(土)-3月26日(日)
9:30-18:00 第1、3水曜日休館
場所:富山市ガラス美術館



2017年2月27日月曜日

富山ガラス造形研究所 特別講義


3月2日に後藤洋平が母校、富山ガラス造形研究所
特別講義を行います。

作品や展示などについての2時間ほどのスライドレクチャーです。

どなたでも無料で入場できますので
ご興味のある方はぜひお越しください^^


また、3月26日までの富山市ガラス美術館
後藤洋平の作品が展示されています。

こちらも合わせてよろしくお願いいたします。


後藤洋平 特別講義
日時:2017年3月2日(木)16:00-18:00
場所:富山ガラス造形研究所レクチャー室


「うごき」と「へんか」の視点
2017年2月18日(土)-3月26日(日)
9:30-18:00 第1、3水曜日休館
場所:富山市ガラス美術館



2017年2月21日火曜日

「うごき」と「へんか」の視点


富山市ガラス美術館で2月18日から始まっている
後藤洋平の作品を展示させていただいています。

富山市が収集してきたガラス作品の中から
「うごき」や「へんか」をキーワードに
12名の作家の作品を紹介している展示です。


富山や北陸の方はもちろん、北陸新幹線ができ、
東京からもアクセスしやすくなりましたので
観光がてらぜひ足をお運びいただけたらと思います^^


「うごき」と「へんか」の視点
2017年2月18日(土)-3月26日(日)
9:30-18:00 第1、3水曜日休館
場所:富山市ガラス美術館



2017年2月17日金曜日

今月のガラスボタン


先日はバレンタインでしたね。
うちではチョコレートケーキを食べる日になっています。
ただ私が食べたいだけでそうなっています。


バレンタインにちなんでハートのガラスボタンです♡

かわいい形にかわいい模様が描かれているので
過剰なかわいさを感じます。

個人的にすごく好きなモチーフで見つけると嬉しいです^^


小さい時からカラフルでかわいいものが好きで
大人になれば治ると思っていましたが
そのまま変わりませんでした。

多分一生続くと思います。。。



2017年2月9日木曜日

野の草花


毎日寒い寒いと言って過ごしていますが
立春も過ぎ、春を感じることもありますね。

庭をよく見るともう小さな花が咲いています。


最近は、野草を摘んで、石膏で型を取りガラスの粉を詰める
パート・ド・ヴェールの試作を作っています。


昨年11月にドイツで、ガラス作家Anne Pettersさんの
パート・ド・ヴェールのワークショプを受講した際、
様々なものを型取りしているのを見て思いつきました。

特にルールはなく何にでも石膏をかけて型取っていて
日本で習った丁寧な型取りとは全く異なっていました。

丁寧で繊細な作業も素晴らしいですが
時にはもっと大胆にやってもいいんだなと思えました。


草花はとてももろいのでなかなか型取りが難しいですが
やはり人間の力では作り出せない造形があり面白いです。

これからもっと暖かくなったら
いろいろな野の花が咲くので楽しみです^^